高いセキュリティを確保

チャット

企業によって異なるニーズ

中小企業の多くが、コンシューマー向けのチャットツールを業務で使用しています。チャットツールはメールよりスピーディーに意思伝達ができ、業務効率を高めます。しかし、コンシューマー向けのチャットツールでは、十分なセキュリティを確保できません。社員も顧客も、そして企業自身も安心して使えるビジネス向けチャットツールを導入しましょう。多くのビジネス向けチャットツールは、ビジネスに必要な機能を有しています。グループチャットやファイル共有、マルチデバイス対応は、比較対象にはなりえません。この最低限の機能に加えて、セキュリティ管理機能が自社に合っているかを比較する必要があります。もし、アルバイトやパートもチャットツールを利用するのであれば、正社員以外はファイル共有ができないようにすべきです。また、コンプライアンスを徹底するために、特定の部門間のコミュニケーションを遮断したい企業もあるでしょう。さらに内部監査のために、チャットログのエクスポートが必要なケースもあります。これらの機能の有無を比較することで、自社に最適なチャットツールを選択できます。さらに比較したいのが、ユーザビリティです。コンシューマー向けのチャットツールと比較し使いにくいと社員が感じてしまうと、活用頻度が低下してしまいます。これでは円滑なコミュニケーションはできず、業務を効率化できません。多くのビジネス向けチャットツールが無料お試し期間を設けているため、社員に実際に使ってもらいユーザビリティを確認しましょう。