費用を抑えて負担を軽減する為に必要な保険の見直し

家族を一生サポート保険が将来の安心を約束

安定して働ける

社会保険労務士の仕事とは

社会保険労務士とは、労働、社会保険に関する法律、人事、労務管理の専門家として、社員の採用から退職までの労働、社会保険に関する手続きを行い、また年金などの処理も行う、労働関連法令および社会保障法令に関する専門家です。社会保険労務士の勤務形態には、開業と勤務の2種類があります。そして、どの中小企業から大企業まで、どの企業においても必要とされる仕事ですので、現在勤める会社で人事部や総務部においてそのまま資格を生かすこともできます。また社会保険労務士の資格をもつ社員はリストラにあいにくく、企業内でも安定した勤務が可能です。また、開業した場合も、景気の影響を受けずにニーズがあり、顧問契約もとりやすく、安定した職業ともいえるでしょう。

資格を取るためのスクールや講座

社会保険労務士という、安定していて将来性もある資格をとりたいと思う人は多く、そのための講座やスクールもたくさんあります。会社に勤めながら合格を目指す人の多い資格ですので、通信講座や週末や夜間の講座など、時間に融通の聞く形態で授業を行うスクールが多く、仕事の合間に学ぶにはとても便利です。もちろん、テキストを購入して独学で合格を目指すこともできますが、やはり専門学校や通信教育で、ポイントを絞った学習を行い、効率よく受験勉強を行うことが、合格の近道となります。専門学校の利点としては、同じ目標を持つ仲間ができ、情報交換を行うことができる、また決まった時間に講座を受けることにより、メリハリをもって勉強できるなどがあります。自分にあった方法を模索して、早期合格をめざしましょう。